クイズに挑戦!

2016年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 寿町の歴史についての問題です。戦前から寿町で営業しているお店は数少なく、その1つは【1】(@ながいき弁当、A濱港、B山多屋酒店)です。

問2 1956年、寿町で最初にドヤの営業を始めたのは、ことぶき荘ですが、今の【2】(@第二長生館、A扇荘新館、B静観荘)の辺りに建ちました。

問3 120軒ほどのドヤが林立する寿町ですが、12月現在、【3】(@2、A4)軒が建築中です。

問4 2015年11月時点での寿町住民人口は、【4】(@6,150人、A8,479人)と、近年微減が続いています。
高齢化率(65歳以上の割合)は、【5】(@34.0%、A44.0%、B54.0%)で、全国の【6】(@約2倍、A約3倍、B約4倍)です(寿福祉プラザ相談室調べ)。

問5 地区内の社会福祉関係の事業所としては、1月に「浜っ子サービス」、7月に「よつばの介護」、8月に「ぷれいす」が開所しました。
ぷれいすは、【7】(@障害者総合支援法、A障害者自立支援法、B介護保険法)に基づいて就労機会を提供する【8】(@就労継続支援B型、A就労移行支援)事業所です。

問6 解体が進む寿町総合労働福祉会館(センター)ですが、その敷地の一角には「寿町供養塔(寿地蔵)」があり、亡くなった日雇労働者を約40年間に渡り供養し、町を見守ってきました。供養塔を建てた中心的人物は、【9】(@浄土宗、A曹洞宗、B真言宗)【10】(@総持寺、A徳恩寺)の住職であった故・鹿野(かの)融照さんです。
なお、供養塔は、今年3月のセンター解体工事に伴って、【10】に移転しました。

 



2016年忘年会クイズ(地域生活編) 正解

【1】正解はB山多屋酒店
【2】正解は@第二長生館
【3】正解は@2
【4】正解は@6,150人
【5】正解はB54.0%
【6】正解は@約2倍
【7】正解は@障害者総合支援法
【8】正解は@就労継続支援B型
【9】正解はB真言宗
【10】正解はA徳恩寺


2015年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 寿町には、ドヤが【1】(@100軒、A120軒、B140軒)ほどあります。ドヤは旅館業法で【2】(@簡易宿所、Aホテル)とされていますが、横浜市は長らくドヤでの生活保護を認めてきました。そのためもあって、ドヤ代は1泊2,200円前後が7割を占めます。
ところで、居住面積の水準などを問題視した国の方針により、7月からドヤ居住者の生活保護住宅扶助基準が【3】(@引き上げ、A引き下げ)られました。一方で、観光客が増えていることもあり、厚生労働省は【4】(@民泊、A宅泊、B一宿一飯泊)を、【2】と位置付け(要件緩和)、供給を増やす方針です。競合するかは分かりませんが、安宿をめぐる政策が最近動いています。

問2 寿町住民の高齢化率(65歳以上の割合)は、昨年の11月時点で、【5】(@41.0%、A51.0%、B61.0%)でした。なお、75歳以上は、885人です。

問3 寿町総合労働福祉会館(通称“センター”)が建て替えられることになり、2016年度に解体工事が始まり、2017-18年度新築工事・竣工の予定です。10月25日には、会館の【6】(@20、A40、B60)周年記念式典が開かれました。

問4 今年1月に行われた実態調査によれば、全国で、約【7】(@6百人、A6千人、B6万人)が屋外で生活していることが分かりました。年々減少していますが、野宿者がいなかったのは、青森、奈良、島根の3県のみでした。横浜市は548人で、東京都23区・政令指定都市の中で【8】(@第1位、A第2位、B第3位)です。

問5 4月に、生活保護に至る前の相談・支援を行うための生活困窮者自立支援法が施行されました。対象者は、現に経済的に困窮し、最低限度の生活を【9】(@維持できなくなった者、A維持することができなくなるおそれのある者)です。「自立相談支援」(相談窓口の設置)、「住居確保給付金」(有期で家賃相当額を支給)、「就労準備支援」、「就労訓練」、「家計相談支援」、「学習支援」、「一時生活支援」などがあります。これらは、福祉事務所設置自治体の【10】(@必須、A任意、B一部必須一部任意)の事業です。



2015年忘年会クイズ(地域生活編) 正解

【1】正解はA 123
【2】正解は@ 簡易宿所
【3】正解はA 引き下げ
【4】正解は@ 民泊
【5】正解はA 51.0%
【6】正解はA 40
【7】正解はA 6千人
【8】正解はB 第3位
【9】正解はA 維持することができなくなるおそれのある者
【10】正解はB 一部必須一部任意


2014年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 今年は、元・山一ビルが建て替えられ、【1】(@ヒルズハウス、Aビバリーヒルズ、Bヒルトップ)となって6月にオープン。【2】(@南会館、A西会館、B東会館)も建て替え中です。長者町1丁目では1軒新築中です。扇町4丁目でも1軒新築予定の看板がありましたが、どうしてか看板は無くなりました。

問2 寿町総合労働福祉会館(通称“センター”)が建て替えられることになり、4月に「再整備基本計画」が策定されました。2014年度基本設計、2015年度実施設計・仮設工事、2016年度解体工事、2017-18年度新築工事・竣工という流れです。2016年度から3年間、住宅部分は他の市営住宅に、その他は【3】(@寿公園、A松影公園、B横浜公園)内に仮移転します。日雇労働求人を扱う寿労働センターは、再整備後のセンターに事務所を【4】(@構える、A構えない)そうです。

問3 昨年、総菜店が2軒も閉店して寂しくなった寿町ですが(丸光ショップとマルキンストア)、【5】(@友苑、A食友苑)は健在です。朗報は、2月に【6】(@ながいき弁当、Aことぶき弁当)が開店したことでしょう。

問4 今年1月に行われた全国実態調査によれば、6,929人が屋外で生活していることが分かりました。野宿者がいないのは、島根県と【7】(@奈良県、A青森県、B山形県)のみでした。ちなみに、神奈川県内の野宿者数は、都道府県別にみると、全国の中で大阪府、東京都に次いで第3位の1,277人で、うち横浜市が【8】(@969人、A569人)、川崎市が466人でした。

問5 昨年から今年にかけて、生活保護制度が大きく動いています。7月1日には、改正生活保護法が施行されました(一部1月1日)。申請手続きの厳格化、扶養義務・調査権限・不正受給対策の強化など、引き締め策が目立ちます。指定医療機関については、指定が【9】(@2年、A6年)ごとの更新制になり、もし不正を行った場合首長は、返還金に加えて、その金額の【10】(@40%、A100%、B140%)以下をペナルティとして徴収できることとなった。




 

2014年忘年会クイズ(地域生活編) 正解

【1】正解は@ ヒルズハウス
【2】正解はB 東会館
【3】正解はA 松影公園
【4】正解はA 構えない
【5】正解は@ 友苑
【6】正解は@ ながいき弁当
【7】正解は@ 奈良県
【8】正解はA 569人
【9】正解はA 6年
【10】正解は@ 40%


2013年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 今年は、営業の長かった宿泊所の建替や改築が3軒ありました。現在、山一ビルや東会館が新築建替中です。オーナーの変わった豊荘は全面改築され、【1】(@第一長生館、A第二長生館、B第三長生館)となりました。この宿泊所を合わせて、寿町では【2】(@84軒、A104軒、B124軒)の宿泊所が営業しています。

問2 寿町総合労働福祉会館(通称“センター”)が建て替えられることになり、10月22日には住民説明会がありました。この建物は、「労働者および地域住民が積極的に利用することにより、就労の確保と福祉の向上に寄与するため」、【3】(@1964年、A1974年、B1984年)に設置されました。運営団体は、国、県、市が出資する公益財団法人の【4】(@寿町勤労者福祉協会、A寿町勤労者厚生連合、B寿町労働者福祉機構)です。

問3 今年、寿町では“単身男性の身方”であった総菜店(食料品店)の閉店が相次ぎました。閉店したのは、マルキンストアと【5】(@丸光ショップ、A丸光ストア、B寿ストア)です。マルキンストア閉店後の店舗には、【6】(@雑貨屋、Aデイサービス、B居酒屋)が入りました。

問4 今年1月に行われた全国実態調査によれば、8,265人が屋外で生活していることが分かりました。2003年の第1回全国調査以降、一貫して減少しています。性別は、【7】(@57%、A77%、B97%)が男性です(性別不明を除く)。ちなみに、神奈川県内の野宿者数は、都道府県別にみると、全国の中で、【8】@第1位、A第3位、B第5位)の1,395人で、うち横浜市が581人、川崎市が527人でした。

問5 1929年の【9】(@貧困法、A生活困窮者自立支援法、B救護法)、1946年の旧・生活保護法を経て、【10】(@1950年、A1960年、B1970年)に現行の生活保護法が成立しました。今年は、8月からの生活保護費削減に続き、12月6日に初めて現行生活保護法が大幅改正され、引き締め政策が続いています。申請時の書面提出の原則義務化、扶養義務強化など、「水際作戦」とも呼ばれる規定が盛り込まれました。

出題:松本一郎





2013年忘年会クイズ(地域生活編)

【1】正解は1 第二長生館
【2】正解は3 124軒
【3】正解は2 1974年
【4】正解は1 寿町勤労者福祉協会
【5】正解は1 丸光ショップ
【6】正解は2 デイサービス
【7】正解は3 97%
【8】正解は2 第3位
【9】正解は3 救護法
【10】正解は1 1950年

 


 

[医療編]  

今国会では、「特定秘密保護法」が問題となり大荒れとなっておりますが、そんなさなか、12月17日に全会一致で「アルコール健康障害対策基本法」が参議院を通過いたしました。寿ではみなさんが、日々苦労されているアルコール問題についに国を挙げて取り組む第一歩の法律ができました。今回はこの法律に関連する問題をだします。

【問1 アルコール依存症の人数 】
アルコール依存症になると自分の力で飲酒をコントロールすることが困難になります。2008年厚生労働省研究班(以下研究班)の調査では診断基準をきっちりと満たす「アルコール依存症」の人は全国に( a.8 b.80 c.800 )万人いるといわれています。しかし、偏見のために治療につながっているのはこのうち5 %と言われています。

【問2 アルコールによる社会的損失 】
また研究班の調査では、アルコールの飲みすぎによる社会的損失は年間約( a.400億 b.4000億 c.4兆 )円に達するといわれております。この中には飲みすぎによる病気やケガの治療、病気や死亡による損失や、生産性などの低下など社会的損失、自動車事故、犯罪、社会保障などがふくまれており、これらは酒税の3倍に達するといわれております。

【問3 アルコールと発癌性 】
アルコールは発癌性物質の運び屋にもなりますが、顔が赤くなる人はアルコールを分解できる「アセトアルデヒド」ができず、アルコールをのんでいると癌になりやすいといわれています。WHOによれば、口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、大腸の各がんと女性の乳癌は多量飲酒者で癌になる確率が飲まない人の( a.6  b.9.  c 12 )倍になるといわれています。また、ここでいう多量飲酒とは日本酒でいうと1日3合以上の飲酒を言います。忘年会シーズンですが、みなさん気を付けましょう。

【問4 アルコール・うつ・自殺 】
日本では年間3万人の自殺者がでていますが、アルコールとうつ病が合体すると自殺率が非常に高くなるといわれています。精神科を受診している40-50代のうつ病患者では(  a.2  b3   c.4 )割の人が飲酒問題を抱えていました。また、海外での調査では一番多い調査で自殺者の6割に血液中のアルコール濃度の上昇をみとめました。「アルコール・うつ・自殺」は「死のトライアングル」といわれています。

【問5 介護をおびやかすアルコール 】
また、定年後に飲酒問題が悪化し、高齢者のアルコール問題が増加しています。要介護で飲酒問題を繰り返す老人に、家族も、ヘルパーなどの支援者も疲れて果ててしまうというのは寿でもしばしば問題となっています。介護支援専門員、介護員を対象にした調査で( a.7   b.8   c.9   )割が利用者のアルコール問題に遭遇しているとのことです。

【問6 飲酒運転 DVの陰にアルコールあり 】
また、飲酒運転の陰にもアルコール依存症ありで、飲酒運転検挙経験者の男性の(  a.37.2   b.47.2    c57.2   )%にアルコール依存症の疑いがあるというデータがあります。このため警視庁では、違反者にアルコール問題に簡易介入や節酒指導を。刑務所でも酒害教育や、依存症プログラムが始まっているところがあります。
また、DVにもアルコールは大きな影響を及ぼしており、刑事処分を受けた事例の67%が犯行時に飲酒していたとの報告もあります。

【問7 女性の飲酒が増えている! 】
当診療所でも女性の方が酒をよく飲むというのはすでに「あたりまえ」となっていますが、若い女性の飲酒がふえているのは全国的な傾向です。1970年代後半から女性の飲酒率が急上昇。2008年の調査では特に20代前半では女性の飲酒率が上昇し( a.70%  b.80%  c.90% )に達し、男性を上回る事態となっており、出産適齢期の女性への啓発が急務となっています。

【問8 アルコールと犯罪 】
酔っぱらうと、理性の抑えがきかなくなり、犯罪を犯してしまうというのはよくみられる光景です。犯罪白書によると50代男性の窃盗や万引きの( a 20   b.30   c.40 )%が過度の飲酒を背景としているとのことです。今日の帰りもご注意ください。

【問9 治療につながりにくいアルコール 】
アルコール問題は、生活習慣病、癌、外傷、うつ病など医療を圧迫する大きな要因の一つとなっています。救急医療崩壊が叫ばれていますが、近年救急医療スタッフが疲れてしまう原因の一つがアルコール関連患者の搬送問題といわれています。依存症を発症してから専門治療にたどりつくまでに( a.5   b.7    c.9  )年かかっていたとの患者調査があります。連携と早期介入が、これから求められていることです。

【問10 世界的に広がるアルコール対策】
WHOは「アルコールの有害な使用」は世界の健康障害の最大のリスク要因の1つと認め、2010年に「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」を採択し、世界的な対策を進めていくとしています。ここでアルコールはNCD(非感染性疾患)の4大リスクの一つとして位置づけられました。もう一つは「不健康な食事」なのですが後の2つはなんでしょうか?(       )(        )(全部解答で正解)

出題:鈴木 伸


 

 

【解答】
問1 b  問2 c  問3  a 問4 b  問5 b  問6 b  問7 c
問8 a   問9 b  問10 タバコ・運動不足  

 


2012年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 今年、新築され営業が始まった簡易宿泊所は、ボートピア近くの【1】(・はまかぜ、・はまなす、・はまいち)の1軒です。この宿泊所を合わせると、寿地区には【2】(・97軒、・127軒、・157軒)の宿泊所があります。
また、来年には、【3】(・山一ビル、・浜一ビル、・同栄ビル)が解体され、新築される予定です。

問2 今年の3月に、寿町総合労働福祉会館(通称センター)の階段が撤去され広場が改修されました。これでセンターの外観は、以前より大きく変わりました。ちなみに、センターは、【4】(・1954年、・1964年、・1974年)に設置されました。これは、寿生活館の設置よりも、【5】(・前、・後)のことです。

問3 今年1月に行われた全国実態調査によれば、【6】(・約1万人、・約1万5千人、・約2万人)が屋外で生活していることが分かりました。2003年の第1回全国調査以降、一貫して減少しています。そのうち、男性は【7】(・57%、・77%、・97%)を占めていました。ちなみに、都道府県別にみると、神奈川県内の野宿者数は、全国の中で、【8】(・第1位、・第2位、・第3位)の1,509人で、うち横浜市が609人、川崎市が598人でした。

問4 横浜市は、今年3月末で法外援護(パン券宿泊券)を廃止し、4月よりはまかぜ入所希望者のうち個別対応の必要な人については、簡易宿泊所を無料で利用できる【9】(・緊急一時型、・通過施設型、・借り上げ型)シェルター事業(原則1週間最大2週間)を始めました。

問5 衆議院選挙が近付いていますが、自民党は政権公約で、生活保護の給付水準を原則【10】(・1割、・2割、・3割)カットにすると宣言しています。

 

 

 



2012年忘年会クイズ(地域生活編) 正解

【1】正解は・ はまなす
【2】正解は・ 127軒
【3】正解は・ 山一ビル
【4】正解は・ 1974年
【5】正解は・ 後
【6】正解は・ 約1万人
【7】正解は・ 97%
【8】正解は・ 第3位
【9】正解は・ 借り上げ型
【10】正解は・ 1割


2011年忘年会クイズ


[地域生活編]

問1 今年、新築され営業が始まった簡易宿泊所は、ホテル山栄となりの【1】(1.第四港館、2.第六港館、3.第八港館)の1軒です。2階は、【2】(1.要介護者、2.男性、3.女性)専用フロアです。この宿泊所を合わせると、寿地区には【3】(1.96軒、2.126軒、3.156軒)の宿泊所があります。

問2 横浜市は、日雇労働者や野宿者等に対して中区役所で支給し続けてきた法外援護事業(パン券・宿泊券)を今年度末で廃止する予定とのことです。派生して、金銭管理が困難な生活保護利用者には、いわゆる【4】(1.買取りパン券、2.特定パン券)が生み出されました。

問3 横浜市中区には、認可保育所15施設、横浜保育室10施設の保育園があります。そのうち、寿地区内(寿町・松影町・三吉町・扇町・千歳町)には、認可保育所が【5】(1.2、2.4)カ所、および横浜保育室が1カ所あります。

問4 今年1月に行われた全国実態調査によれば、1万890人が屋外で生活していることが分かりました。2003年の第1回全国調査以降、一貫して【6】(1.減少、2.増加)しています。ちなみに、神奈川県内の野宿者数は、都道府県別にみると、全国の中で、【7】(1.第1位、2.第2位、3.第3位)の1,685人で、うち横浜市が691人、川崎市が598人でした。

問5 今年2月に閉鎖された【8】(1.中村川寮、2.松影寮、3.まつかげ一時宿泊所)は、ホームレス自立支援法(2002年)に基づいて、2004年11月に松影公園内に設置された、横浜市唯一の野宿者向けシェルター(緊急一時宿泊事業)でした。

問6 今年7月に厚生労働省が公表した2009年の日本の「貧困率」は、1985年以降最悪の【9】(1.6%、2.16%、3.26%)でした。なお、ひとり親世帯の貧困率は、50.8%に上っています。また、生活保護を利用する人々は、今年7月に戦後最多の約【10】(1.25万人、2.205万人、3.2050万人)となりました。

 


答え

【1】2
【2】3
【3】2
【4】1
【5】1
【6】1
【7】3
【8】1
【9】2
【10】2 



【健康編】

Q1  3.11東日本大震災では、津波により多くの方がなくなりました。生き残った方の中には、家族や知り合いが流されてしまうのを見て、大きなショックを受け、精神的に不調をきたす方が多くいらっしゃったようです。一般に、大きな事故・災害・戦争などで大きなショックをうけると、直後に眠れなくなったり、なんどもその場面が思い出されたり、それに関連することを避けたり、強い緊張状態が続いたりすることがあります。このような状態を「急性ストレス障害」といい、英語で略すと (1.ASD 2・BSD 3.CSD)と言います。多くは、数日から数週間で自然に回復するといわれています。

Q2 しかし、数日から、数週間たっても、こうした症状が続くことがあります。これは「外傷後ストレス障害」と呼ばれ、英語で略すと(1.PTDS 2.PSDT 3.PTSD) になります。こうなると、精神科や心療内科で専門的な治療を受けることが必要になることがあります。治療としては、本人が安全できる環境を整え、場合によっては薬を飲みながら、少しずつ辛い出来事を整理できるように援助することになります。

Q3 災害などに直面すると、直後は茫然としてしまうことが多いのですが、その後、しばらくは、落ち込むより、むしろ周囲と協力しながら頑張ろうとハイテンションな状態となる方が一般的です。この時期は(1婚活期 2婚約期 3ハネムーン期)と呼ばれます。

Q4 しかし、数ヶ月から1年たつと次第にハイテンションな状態から落ち込んでことが多く、この時期は(1幻滅期 2失望期 3倦怠期)と呼ばれます。現在は、この時期にあたり、アルコール問題などが起こりやすくなっており、継続的な啓発活動、フォローが必要と言われています。当院でも福島で啓発活動のお手伝いをしました。

Q5 実際、阪神淡路大震災でも、避難所生活で約(1.10人 2.100人 1000人)ぐらいの方がこの時期にアルコール関連でなくなったと推定されています。こうした反省から、国立・精神神経センターでは、「被災地のお見舞いにアルコールを贈らないように」とメッセージを出しています。

Q6 新型インフルエンザが猛威を振るった昨年とはことなり、今年はインフルエンザの流行は今のところは抑えられており、12月7日現在で、注意報レベルになっているのは愛知県と東北地方では(1岩手 2宮城 3福島)のみです。ただ、今後、寒さが厳しくなるころに流行する心配もあり、手洗い、うがいは必要ですね。

Q7 また、今年はインフルエンザワクチン接種で若干変化がありました。子供の注射の量がかわりました。昨年は、1歳未満0.1ml、6歳未満0.2ml、6歳以上13歳未満0.3mlでしたが、これは実は日本独自の基準で、今年からWHO(世界保健機構)やCDC(米国疾病予防管理センター)の勧めで
3歳未満は1回0.25ml、3歳以上は1回(1.0.3ml, 2.0.4ml  3.0.5ml)になりました。(13才未満は2回うちます)。

Q8 また、現在でも気になるのは福島第一原発事故による放射能汚染の問題です。放射線は私たちが日常生活を普通にしていても自然環境からある程度被爆しており、
年間(1.10μSV 2.100μSV 3.1000μSV)浴びていることになります。(ヒントSVはシーベルト、μ(マイクロ)はm(ミリ)の1000分の1です。)

Q9 ちなみに胸部レントゲンでは1回におおよそ(1.10μSV、2.100μSV 3.1000μSV)被爆することになります。この量では、通常健康的には問題ない量といわれています。

Q10  しかし、現在問題になっているのは、長期間の内部被爆の問題であり、特に放射線の影響を受けやすい、子供、妊娠可能性のある女性、妊婦の問題です。日本の暫定基準値は、国際基準からみて高めに設定されているようで、注意が必要です。ちなみに水道局の水道の基準は(1.1ベクレル 2.10ベクレル 3.100ベクレル)以下となっています。

 


回答

Q1: 1     Q2: 3    Q3: 3     Q4: 1     Q5: 2    

Q6: 2     Q7: 3     Q8: 3    Q9: 2     Q10: 2


2010年忘年会クイズ


 
 今年を振り返ると、記録的な猛暑とAKB48人気が爆発し、相撲界野球賭博、尖閣諸島沖での中国漁船衝突、北朝鮮の韓国砲撃、チリ鉱山での救出、宮崎県の口蹄疫、大阪地検の証拠改ざん事件、参院選民主党大敗、日本航空の経営破たん・・・いろいろあった年でした。ちなみに、今年の新語流行語大賞は、「ゲゲゲの」(NHK朝ドラ)で、トップテンには「無縁社会」がランクインしました。

 そんなこんなで色々ありましたが、今宵は少しだけ忘れて、難問奇問続出のこのクイズで100点を取って素敵な景品をゲットしましょう。



[地域生活編]

問1 今年に新築され営業が始まった簡易宿泊所は、寿福祉センター裏の【1】(1、みらい館 2、熱海荘 3、扇荘別館)の1軒でした。今のところ、来年も1軒新築予定です。

問2 4月にリニューアルした寿公園(寿生活館前)ですが、正式名称は【2】(1、寿やすらぎ公園 2、寿いこい公園 3、寿児童公園)です。発注は中土木事務所で、設計は、【3】(1、神奈川大学 2、関東学院大学 3、横浜国立大学)の曽我部研究室です。

問3 勤労協・寿町診療所は、寿地区内にある唯一の公的医療機関です。今年【4】(1、20周年 2、30周年 3、40周年)を迎え、Lプラザで記念式典がありました。今は、センターの1階にありますが、かつて【5】(1、2階 2、3階 3、4階)にありました。昨年、理容所跡地で精神科デイケアが開設されましたが、その名称は、【6】(1、なごみの里 2、ことぶきの里 3、ふれあいの里)です。

問4 1月に行われた全国実態調査によれば、1万3千124人が屋外で生活していることが分かりました。そのうち、【7】(1、93% 2、63% 3、33%)が男性です。ちなみに、神奈川県内の野宿者数は、都道府県別にみると、全国【8】(1、第1位 2、第2位 3、第3位)の1千814人でした。多い市は、順に横浜710人、川崎666人、平塚110人、厚木75人、藤沢55人です。

問5 湯浅誠さん(内閣府参与)の発案で、失業して生活に困っている人の相談を、1つの窓口で受けられる、【9】(1、サポーティブ 2、パーソナル・サポート 3、プライベート・サポート)サービスが始まっています。生活費、住宅の確保、福祉の利用、借金整理、精神的な問題、資格取得、職探しなどの困り事について、「サポーター」が寄り添い型で支援するところが(生活保護ワーカーに似ていますね)、“新しい”と言われます。本年度、全国5地域でモデル事業が行われますが、この中に横浜市は、【10】(1、含まれます 2、含まれません)。








2010年 忘年会クイズ【地域生活編】 正答

(1)-3 、 (2)-3、 (3)-1、 (4)-2、 (5)-2、 (6)-1、 (7)-1、 (8)-3、 (9)-2、 (10)-1




[病気編]

問1.今年の年末、世間を騒がせているのは、ABさんの事件です。詳細は今のところ不明ですが、ABさんは、当日アルコールを多量に飲んでおり、記憶が定かではないようです。アルコールを多量にのみ、記憶がなくなることを専門用語では、(1、ブラック・アウト 2、ブラック・イン 3、ホワイト・アウト 4、トウヨコ・イン)といい、これを繰り返すようだと、酒量のコントロールが困難になっていると考えます。

問2.また、今回の事件では、ABさんは頬骨骨折の大怪我をしていました。命に別状がなくてよかったですね。しかし、多量飲酒で酩酊した上で思わぬ怪我をし、命を失ってしまう方も実は多いのです。アルコール依存症の方で、いわゆる「不慮の事故」でなくなる方は全体の約(1、5% 2、10% 3、15% 4、20%)もいらっしゃいます。一番多いのは(1、心不全 2、脳卒中 3、肝硬変 4、癌 )でなくなる方で、約30%もいらっしゃいます。

問3.アルコール依存症関係ではうれしいニュースもありました。今まで8回のアルコール依存症施設での治療歴のあるテキサスレンジャーズのジョシュ・ハミルトン選手が、ア・リーグ優勝に貢献しMVPを獲得しました。優勝の瞬間、チームメイトは彼に配慮してアルコール飲料を使わず、(1、コーラ 2、サイダー 3、ジンジャーエール 4、グレープフルーツジュース)をかけあい、お互いに優勝を分かち合いました。アルコール依存症に理解のあるアメリカならではの対応ですね。

問4.昨年猛威を振るったインフルエンザですが、今年は今のところは去年ほどの流行は見られていません。現在、12月8日時点で警報が出ているのは(1、北海道 2、青森 3、秋田 4、岩手)のみで、また、注意報が出ているのは九州の佐賀のみとなっています。また、今のところ一番流行しているのは(1、Aソ連型 2、A香港型 3、Bスペイン型 4、Bメキシコ型)です。しかし、診療所でも患者さんが出ているので油断は大敵です。手洗い、うがいに心がけてください。

問5.また、不況を反映してか自殺者数は減少しません。今年も3万人を越す見込みといわれています。最初に3万人を超えたのは(1、1996年 2、1997年 3、1998年 4、1999年)ですので、10年以上もこの状態が続いています。G8の中では日本の自殺率は第(1、1位 2、2位 3、3位 4、4位)となっています。これは、アメリカの2倍に当たります。WHOの発表でも、日本の自殺率は先進国の中でトップクラスだと報告されています。

問6.ただ、自殺に関しては、うつ病に関連が高いといわれており、早期に治療を開始すれば自殺の予防はかなり可能だといわれています。かつて日本の新潟県松之山町は自殺率が非常に高く、年間に約435人/10万人もなくなっていたのですが、10年間に地域で集中的に取り組んだ結果(1、123人 2、223人 3、323人 4、423人)/10万人に減らせたとのことです。また、スウェーデンなどでも、1990年から10年間自殺の減少に取り組んだ結果、かなりの効果が上がっています。早期に発見し、早期の治療が大切です。最近では、うつで休養したといわれた(1、岡村隆史 2、岡村隆志 3、岡村靖幸 4、岡村孝子)さんが、元気に復帰したのは個人的にうれしいニュースです。








【解答】 

問1ー1  問2ー2、3  問3ー3  問4ー1、2  問5ー3、2  問6ー1、1 



2009年忘年会クイズ


 振り返ると、定額給付金、新型インフルエンザ、オードリーにカツマー、1,000円高速、マイケルジャクソン死去、ノリピーやオシオの薬物事件、衆議院選挙での民主党の勝利に小沢ガールズ、事業仕分け・・・いろいろあった年でした。ちなみに、今年の新語流行語大賞は、「政権交代」(鳩山由紀夫)で、トップテンには「派遣切り」がランクインしました。
 そんなこんなで色々ありますが、今年も難問奇問続出のこのクイズで100点に挑戦しましょう!


[地域生活編]
  • 問1 
    かつて寿町の簡易宿泊所は、1a.エレベータ  b.エスカレータ)、エアコン、コインシャワー・ランドリー、洋式トイレが設置されているのが「新しい」と言われていました。
    近年新築された宿泊所では、それらに加え、2a.ロフト  b.二段ベッド  c.介護ベッド)や引き戸のある居室、訪問介護・通所介護事業所、お風呂、車椅子用トイレやウォッシュレット、液晶テレビ、ナースコールの設置、弁当配達受付までしてくれる宿泊所があり、設備やサービス充実の傾向が一部で見られます。
    一方、フロアーの一部を旅行客向けに改装した「ホステル」が次第に増えており、現在ではヨコハマ・ホステル・ビレッジ、ホステル・ 3a.GEN  b.ZEN  c.SEN)、ホステル・ポルトヨコハマの3社が営業し、利用できる宿泊所数は、4a.6軒  b.16軒  c.26軒)です。


  • 問2 
    今年1月に行われた全国実態調査によれば、5a.1,455人  b.14,554人  c.145,545人)が屋外で生活していることが分かりました。
    この人数は、前回調査よりも、6a.増加  b.減少)していました。神奈川県内で最も多かった市は、7a.川崎市  b.横浜市  c.藤沢市)でした。


  • 問3 
    本年6月に、8a.ネットカフェ  b.PCバン)などを起居の場としながら不安定な雇用状態に置かれている人々のための相談窓口が、かながわ労働プラザ(Lプラザ)8階にオープンしました。
    東京、愛知、大阪に次いで、4カ所目です。
    正式名称は、かながわ住居喪失不安定就労者サポートセンターですが、別名は、9a.かながわチャレンジネット  b.よこはま就労サポート  c.寿生活プラザ)です。


  • 問4 
    今年12月、政府は4月に廃止された生活保護の加算を復活させました。
    それは、18歳以下の子どもを養育する母子家庭と父子家庭への 10a.ひとり親加算  b.こども加算  c.母子加算)で、子ども1人あたり月額約23,000円が支給されます。










    答え合わせ
    1(a).2(c).3(b).4(a).5(b).6(b).7(b).8(a).9(a).10(c)









[病気編]
  • 問1 
    ことしの芸能界では、薬物乱用の問題が世間を騒がせました。
    女優で、元アイドルのSさんが使用していた覚せい剤は、診療所でも乱用していた方の多い薬物です。
    日本では1941年に ( a.ヒロポソ  b.ヘロポン  c.ヒロポン)という商品名で発売されました。
    戦時中は生産性を挙げるために工場でくらばられたり、戦闘機の搭乗員に配られたりもしていました。


  • 問2 
    また、俳優のOさんが使用し、問題となったのは ( a.MDMA  b.NDMA  c.MDNA)で、正式には「メチレンジオキシメタンフェタミン」といいます。
    もともとは1985年まではアメリカでPTSDの治療薬用いられていましたが、その後乱用が問題となりました。


  • 問3 
    日本では、違法薬物を使用して逮捕されると、処罰の対象となります。
    しかし、薬物には「依存性」があるためこの治療をしないことで再犯率が高く、( a.30%  b.50%  c.70%)ともいわれています。


  • 問4 
    一方、アメリカでは違法薬物を使用すると、処罰か治療かを選べるシステムになっています。
    治療は「ドラッグコート」と呼ばれるNPOの施設で行われ全米1000箇所以上もあります。
    ここでの治療を終えた人の再犯率は( a.6%  b.16%  c.26%)と日本と比べると雲泥の差があります。
    薬物乱用に関しては処罰のみの対応では限界があることを示しています。


  • 問5 
    アルコール依存症とは、アルコールを「うまく」飲むことができない、飲みだすと止まらなくなるという病気で、「一度かかると一生治らない」病気です。
    厚生労働省によれば現在、全国の成人男性( a.8万人  b.80万人  c.800万人)がかかっているといわれます。実際はさらに多いと予想されます。
    当診療所でも、日々患者さんは増え続けています。


  • 問6 
    アルコール依存症は「死に至る病」であり、平均寿命は、( a.53才  b.63才  c.73才)であり、肝硬変で亡くなる方が3割になります。また、よって不慮の事故でなくなるかたも1割ほどいます。


  • 問7 
    最近、アルコール依存症が増加しているのは( a.若い女性  b.若い男性  c.はやりの歴女  d.草食男子)と、退職後の高齢者です。
    前者は、さまざまなアルコールが増え消費量が増加していること、後者は仕事が無くなって生き甲斐がなくなってしまうことが大きな原因となっているようです。


  • 問8 
    また、今年日本で大流行しているのが新型インフルエンザです。インフルエンザにもいろんな型があるのですが,今回問題になっているのは( a.A型/H1N1  b.B型/H1N1  c.A型/H3N2  d.B型/H3N2)です。


  • 問9 
    もともと流行が心配されていたのはいわゆる「鳥インフルエンザ」であり、これは( a.H1N1  b.H3N2  c.H5N1  d.H7N2)型に属するインフルエンザです。


  • 問10 
    今年の8月から11月の調査では( a.264万人  b.1264万人  c.112640万人)がかかったとされ、国民の14人に1人が受診していたことになります。










    答え合わせ
    1(c).2(a).3(b).4(a).5(b).6(a).7(a).8(a).9(c).10(b)



2008年忘年会クイズ


[地域生活編]・・・・・・・ 問題・PDF   答え・PDF

2007年忘年会クイズ



[病気編]



 一般問題(5問) 
  • Q1 日本の医療費(GDP比)は先進国30ヵ国中何位でしょう?  1) 5位  2) 13位  3) 21位


  • Q2 医療費の財源は、(1)国、(2)家計(患者負担と保険料)、(3)地方、(4)事業主の4者で賄っています。国は全体の24%の負担ですが家計は何%でしょう?   1) 8%  2) 23%  3) 45%


  • Q3 アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本のなかで、近年、医療・社会保障への国庫支出を減らした国はいくつあるでしょう?   1) 1つ  2) 3つ  3) 5つ


  • Q4 日本の医療制度は、WHO(世界保健機構)の評価は、世界で何位でしょうか(ちなみにアメリカは15位です)?   1) 1位  2) 7位  3) 20位


  • Q5 日本の高齢者世帯で、年間平均所得額が生活保護基準以下の世帯は何割でしょうか?   1) 1割  2) 2割  3) 4割


 野宿生活者と健康の問題(10問)


H19年1月の厚生労働省の報告では、a. 8500 b.18500 c.28500) 人のホームレス数がある。
神奈川県は a.1 b.2 c.3) 番目に多い県で、
横浜市は (a.1 b.3 c.6) 番目に多い市区で、
a.66 b.660 c.6600) 人という報告がある。
平均年齢は (a.47.5 b.57.5 c.67.5) 才、
生活場所の40%は (a.公園 b.道路 c.駅) で、
収入月額のうち35%は1〜3万円である。原因の35%は仕事が減った、
倒産・失業であるが、(a.21 b.31 c.41) %が病気・けが・高齢で仕事ができないという理由である。
健康の不調を訴えているのは (a.30 b.50 c.80) %で、
障害手帳を持っている・いた人は (a.2 b.5 c.10) %、
路上生活中に入院したことがあるのは (a.9 b.19 c.29) %である。



 健康クイズ(10問)
  • Q1 カナダの高名な内科医ウイリアム・オスラーは「ヒトは○○とともに老いる」という有名な言葉を残しています。さて、この○○に入る人間のからだの一部は何でしょうか?


    1) 脳  2) 心臓  3) 血管  4) 骨  5) 筋肉


  • Q2 日本人の5人に1人が65歳以上という時代。いつまでも健康長寿でいたいものですが、以下にあげる食生活や生活習慣の中で、アルツハイマー病の予防にはよくないと考えられているのはどれでしょうか。2つ選んでください。


    1)1日1時間以上の昼寝習慣がある  2)ウォーキングやランニングなどの適度な有酸素運動を行う  3)牛肉などの飽和脂肪酸の多い食物とナッツ類やチョコレートなど銅を含む食品を一緒に食べる  4)DHAの多い魚類や緑黄色野菜、果物をよく食べる  5)コーヒーを飲む習慣がある


  • Q3 秋の夜長につい夜更かししがちですが、最近よく眠れない、不眠ぎみという場合に、もっとも効果がある改善法は次のうちどれでしょうか?


    1)朝、決まった時間に起きる  2)いつもより早い時間に寝る  3)寝る前に強い運動をする  4)寝る前に熱いお風呂に入る  5)休みの日に寝だめする


  • Q4 適度な量であれば、ビールは低アルコールの栄養ドリンクとも言われていますが、では同じアルコール量の場合、ほかのお酒(醸造酒)と比べてビールに豊富に含まれる栄養分はどれでしょうか?


    1)カロリー  2) たんぱく質  3)ビタミンB群  4)カリウム  5)脂肪


  • Q5  たばこは多くの病気の直接的・間接的な原因となることが知られています。では男性の場合、たばこを吸わない人に比べて吸う人が人がかかる危険性の高い病気(自殺を含む)の順に並べてあるのは次のうちどれでしょうか?


    1)大腸がん→肺がん→胃がん→虚血性心疾患→自殺  2)肺がん→胃がん→大腸がん→自殺→虚血性心疾患  3)肺がん→虚血性心疾患→胃がん→大腸がん→自殺  4)虚血性心疾患→肺がん→自殺→胃がん→大腸がん  5)自殺→虚血性心疾患→胃がん→大腸がん→肺がん


  • Q6 薬の中には特定の飲食物と一緒に服用すると、効き目に影響したり副作用が強くなったりすることが知られていますが、次の飲み合わせの中で好ましくない組み合わせはどれでしょうか。いくつでも選んでください。


    1)納豆とワルファリン(血液の凝固を防ぐ薬)  2)グレープフルーツと抗カルシウム拮抗薬(血圧を下げる薬)  3)牛乳とテトラサイクリン(抗生物質)  4)お酒とバルビタール(催眠薬)  5)栄養ドリンクと解熱鎮痛薬


  • Q7 ケガやヤケドなど傷の治療が最近、大きく変わりつつありますが、以下のうち傷の正しい手当の方法はどれでしょうか?


    1)傷は必ず消毒する  2)傷は乾かした方がよい  3)傷にはガーゼをあて包帯をして密封する  4)傷からにじみ出る体液はできるだけふき取らない


  • Q8 水虫に関する以下の説明で、正しいものを1つ選んでください。


    1)水虫、インキンタムシ、シラクモは同じ白癬菌(はくせんきん)というカビが原因でできる  2)指の間にできる水虫も、爪にできる水虫(爪白癬)も、根気よく塗り薬で治療すれば治る  3)水虫の治療は、症状が強くなる夏場に行い、冬場は特に何もしなくてよい  4)水虫には、イオウや食酢を塗ると効果がある  5)水虫になったら、よく洗って消毒薬をつけると効果がある


  • Q9 脳の老化を防ぐ本やゲームが大流行していますが、脳ばかりでなく、からだの老化を防いで、いつまでも若々しさを保ちたいものです。
    さて、運動や食事などの生活習慣を改善することで、からだの老化は何%ぐらい防ぐことができるのでしょうか?


    1)100%  2)70%  3)40%  4)20%


  • Q10 家族の中で高齢者や20代の人などが2週間以上、せきや微熱、たん、胸の痛みなどを訴えている場合、まずどのような病気を疑うべきでしょうか?


    1)普通の風邪  2)インフルエンザ  3)結核  4)肺ガン  5)ぜんそく




[地域生活編]

  • 問1 

     近年新築された宿泊所では、介護ベッドやナースコール導入、配食サービスの受付など独自の工夫が見られます。
    ほかにも、2007年春にオープンした a.松影新館 b.みらい館 c.第四平成館 d.三都荘新館) では、デイサービス(通所介護)が初めて宿泊施設の中に設置されました。  
    ちなみに、本年中に新築や建替えで新規に着工した宿泊所はありませんでした。
    1990年代後半から2000年代前半にかけての宿泊所建築ラッシュを過ぎた様子の寿です。


  • 問2 

     寿では久しぶりに、規模の大きな公共施設ができました。
    扇町3丁目の駐車場跡地に12月14日オープンした白亜のギャンブル施設のことですが、
    ここでは a.競馬 b.競艇 c.競輪 d.オートレース e.富くじ) の券が買えます。
    スーパーゼネコンの a.ヒューザー b.大成建設 c.加藤組 d.木村建設) が施工しました。  
    1日平均の来場者数が約2,600人と予想される中、年間360日程度営業し、約195億円の売り上げを見込んでいるそうです。
    誘致した横浜市には、売上金の1%に当たる約2億円が「環境協力費」として還元されます。
    ちなみに、管轄するのは a.農林水産省 b.総務省 c.国土交通省 d.経済産業省) です。


  • 問3 

     寿の宿泊所居住人口は、ここ10年くらいは a.6,000人台 b.7,000人台 c.8,000人台) で推移しています。そのうち65歳以上の住民は約 a.2,400人 b.3,400人 c.4,400人) です。  
    訪問介護を利用している住民は a.200人 b.400人 c.600人) 前後と思われます。
    訪問介護を利用するようになった原因は a.障がい b.特定疾患 c.高齢(加齢)) が最も多くなっています。


  • 問4 

     寿の宿泊所で生活保護を利用している住民の割合は、ここ10年くらいは全人口の a.60〜70% b.70〜80% c.80〜90%) です。
    生活保護費は、毎月初旬に支給されますが、そのうち、生活扶助額(飲食物費・衣服費等の「第1類」、および水光熱費等の「第2類」のみ)は、単身生活の60歳の方で1ヶ月あたり、約 10a.6万円 b.8万円 c.10万円) です。








 答え合わせ

  2007年忘年会クイズ(病気)


 それでは、回答です。意外な回答もあったでしょうか?是非、今後の患者さんとの会話の中で利用してみてくださいね。


 一般問題(5問)

A1 正解は 3)第21位です。(OECD Health Data2006)
A2 正解は 3)45%。国25%、事業主22%を負担しており、家計の負担は非常に割合が高いです。
A3 正解は 1)1つです。社会保障への国庫支出を減らしているのは日本だけです。
A4 正解は 1)第1位です!
A5 正解は 3)4割です。高齢者の多くは決して豊かとはいえない収入で生活しています。


 野宿生活者と健康の問題(10問)

H19年1月の厚生労働省の報告では、( b.18500)人のホームレス数がある。
神奈川県は( c.3)番目に多い県で、横浜市は( c.6)番目に多い市区で、( b.660)人という報告がある。
平均年齢は( b.57.5)才、生活場所の40%は( a.公園)で、収入月額のうち35%は1〜3万円である。
原因の35%は仕事が減った、倒産・失業であるが、( a.21)%が病気・けが・高齢で仕事ができないという理由である。
健康の不調を訴えているのは( b.50)%で、障害手帳を持っている・いた人は( a.2)%、路上生活中に入院したことがあるのは( b.19)%である。


 健康クイズ(10問)

A1 正解3番。
老化とは、血管の動脈硬化が進むことです。動脈硬化になると、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞などになりやすくなり、骨や筋肉への栄養補給も不十分となり、老化を早めるのです。
A2 正解は1番と3番。 
認知症のなかでもアルツハイマー病は65歳を過ぎると5歳ごとに発病の危険が2倍になるといわれており、現在わが国の患者数は65歳以上人口の6%、160万人近くいると推定されています。現段階ではアルツハイマー病の予防薬はまだありませんが、食生活などふだんの生活習慣を改善することで、アルツハイマー病の発症を遅らせたり、予防ができるのではないかという研究結果がいくつか出ています。これらの結果を総合すると、アルツハイマー病の予防には短時間の昼寝習慣、DHAなどを多く含む魚類などの不飽和脂肪酸の食品摂取、適度な身体運動、知的刺激などがよいようです。

A3 正解は1番。
厚生労働省の調査によると、日本人の5人に1人以上が睡眠不足に悩んでいるそうです。不眠の解消にもっとも効果的なのは、寝る時間よりも、起きる時間を一定にすることです。毎朝、決まった時間に起きて太陽の光を浴びると、体内時計のリズムが正常に戻っていき、それが不眠の解消につながるといわれています。寝不足だと、早めに床に入りがちですが、いつもより2時間以上早く床に入るのは逆効果です。寝る前に熱いお風呂に入るのも、かえって眠りにくくなるので、ぬるめ(38〜40度程度)のお湯にゆっくりつかって、リラックスするのいいでしょう。いつもより2時間以上早く床に入るのは逆効果です。昼間20〜30分程度の昼寝は効果的ですが、長い昼寝や夕方以降の昼寝は夜の睡眠に影響しますので避けましょう。

A4 正解は3番。
ビールには食欲増進効果もあり、また利尿作用もあることから、明治時代初期の日本ではビールが薬として売られていたと言います。ビールは麦芽やホップ、ビール酵母など、栄養が豊富で薬理効果もある原料から作られており、数あるアルコールの中でもビタミンやミネラルなどを多く含んでいます。なかでもビタミンB群や葉酸は最も豊富で、他のお酒を圧倒しています。ちなみにアルコール100グラム当たりのカロリー量は日本酒の104キロカロリーやワインの73キロカロリーに比べて、ビールは40キロカロリーと低く(ビール缶350ミリリットル入り1本では約143キロカロリー)、たんぱく質はビールとお酒が同じ量でワインがやや低く、カリウムはワインに最も多く含まれています。ビールを飲むとおなかが出て太ると言われることがありますが、ビールそのもののカロリーはすぐ燃焼してしまうので、太る原因にはなりません。ビールを飲むと食欲が増進し、カロリーの高いおつまみをつい食べ過ぎることが肥満をもたらすと考えられています。

A5 正解は3番。

厚生労働省研究班によると、男性の場合、たばこを吸う人がかかるリスクが最も高い病気は肺ガンで、全く吸わない人に比べて肺ガンにかかる確率は4.5倍も高いです。
しかも喫煙指数(吸い始めてからの年数×1日に吸う本数)が大きい人ほど肺ガンの発生率が高く、喫煙指数が1200(例えば1日60本のたばこを20年間吸い続けている場合)を超える人では、吸わない人に比べて6.4倍も肺ガンになりやすいという結果も出ています。
たばこを途中でやめた人のリスクは2.2倍でした。女性でも、喫煙者は非喫煙者に比べて4.2倍の肺ガン発病の危険がありました。
次いでリスクが高いのが虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)でした。
高血圧や糖尿病、高脂血症、飲酒などの他の要因を排除して喫煙のみのリスクを調べたところ、たばこを吸う男性は吸わない人に比べて3.6倍の発症リスクがありました。
特に心筋梗塞だけに限ってみると、約4倍にまで高くなっていました。途中禁煙者は1.1倍のリスクでした。
胃ガンでは、たばこを吸わない人の胃ガン発症率を1とした場合、吸う人は2倍胃ガンになりやすく(特に日本人に多い分化型胃ガンが多い)、吸う本数が多いと胃ガンの発生率も増す傾向であることが明らかになりました。
同じく大腸ガンでは、吸う人は吸わない人に比べて1.4倍の発生率でした。
大腸ガンの場合は、飲酒との関係が強く、1日平均2合以上お酒を飲む人は飲酒しない人に比べて2.1倍の発生率でした。
 一見たばことはかかわりなさそうな自殺のリスクについても調べていますが、たばこを吸うグループでは吸わないグループに比べて30%(1.3倍)自殺者が多くなっていました。
しかも男性では1日当たりの吸う本数が多いほど自殺リスクが高く、1日40本を30年以上吸うグループは20本未満のグループの1.7倍でした。
また最新の厚労省研究班の報告では、たばこを吸う男性は吸わない男性に比べて、40歳以降の余命が約3.5年短くなるとのデータも出ています。
WHO(世界保健機関)によると、全世界で死亡原因の第1位は低栄養ですが、これに次ぐのがたばこです。世界の喫煙者の半数(約6億5000万人)が最終的に喫煙によって命を奪われているといいます。
また毎年数十万人の非喫煙者が受動喫煙の犠牲者になっているそうです。

A6 すべての組み合わせが好ましくありませんので、すべてをチェックした人が正解です。

ワルファリンは血液の凝固を防ぐ薬で、弁膜症など心臓や血管に病気のある人(血液の流れをスムーズにしておかなければいけない人)に使われます。
納豆は体内でビタミンKを合成しますが、ビタミンKは血液を固まりやすくする働きがあります。このため、ワルファリンと一緒に口に入れると、この抗血液凝固作用を妨げてしまいます。
クロレラも同じようにワルファリンとの飲みあわせは好ましくありません。
グレープフルーツと抗カルシウム拮抗薬との飲みあわせは、グレープフルーツの成分が抗カルシウム拮抗薬を分解する酵素の働きを邪魔するため、薬の効きがよくなり過ぎて、血圧が下がりすぎショック症状を起こすことがあるのです。
牛乳にはカルシウムが含まれていますが、テトラサイクリン系の抗生物質はカルシウムとくっつきやすいため、牛乳と一緒に飲むと吸収が悪くなり、効き目が悪くなることが知られています。
お酒(アルコール)と薬を一緒に飲むのはまず避けた方が良いでしょう。
薬の効果に影響が出るばかりでなく、副作用が強く出る可能性があるからです。なかでも、バルビタール(バルビツーツとも言います)などの睡眠薬(催眠薬)や精神安定薬などはアルコールによって薬の作用が増強されますし、かぜなどの時に服用する解熱鎮痛薬は薬の毒性が高まり、肝臓を痛めます。
このほかにも前述のワルファリンでは出血が止まらなくなったり、アレルギー治療薬として使われる抗ヒスタミン薬は眠気が強くなったり、胃薬では胃酸の分泌が促されて胃潰瘍になったり、お酒と一緒に服用すると弊害が出る薬は多くあります。栄養ドリンクも、含まれているアルコールやカフェインが薬に影響することがあり、かぜの時に使われる解熱鎮痛薬では眠気や頭痛が出たりすることがあります。
薬と飲食物との好ましくない組み合わせは、ほかにもいろいろあります。薬は水かぬるま湯で飲むのが無難です。

A7 正解は4番です。

傷からにじみ出る体液はできるだけふき取らないというように、最近は常識が変わりつつあります。
ケガやヤケドなど傷の手当はこれまで、傷口をよく洗い流して、乾燥・消毒し、ガーゼを当てて包帯を巻いて治るのを待つ、というのが常識でした。
ところが、この常識が最近は変わりつつあります。
実は、傷口からにじみ出る液(浸出液といいます)には、傷を早く治すための有益な物質がたくさん含まれているのです。
出血を止める働きをする血小板や、傷にあるばい菌をやっつける白血球やマクロファージ、傷んだ細胞を修復するための細胞成長因子などと呼ばれるものです。
ですから消毒をしてしまうと、こうした物質の働きを妨害するだけでなく、傷の化膿を防ぐ効果はあまりないということがわかってきました。
ガーゼも浸出液を吸い取ってしまい、傷の回復をかえって遅らせてしまうというのです。
したがって、傷を早く治すには、傷口を水でよく洗ったあとは、浸出液がなるべく出やすい環境に保ってやることが大切になります(これを湿潤療法とかモダンドレッシングなどと呼ばれています)。
すなわちガーゼをあてて包帯をまくのではなく、家庭にあるラップのようなもので傷を覆い、乾燥を防ぎ浸出液が傷に溜まるようにする手当をした方が、治りが早いということが分かりました。

A8 正解は1番。

水虫は、白癬菌という真菌(カビのこと)が原因で起こります。
白癬菌は、ほかのカビと同様、高温多湿な場所を好み、梅雨から夏にかけて活動が活発になります。
水虫の多くは足にできますが、足以外にも白癬菌は感染することがあり、感染した場所によって、シラクモ(頭部白癬)、インキンタムシ(股部白癬)、ゼニタムシ(体部白癬)などと呼ばれています。
指の間やかかとにできる水虫には、塗り薬が効果的ですが、爪の水虫(爪白癬)には塗り薬よりも飲み薬の方が効果的です。
冬場で白癬菌の活動がおさまったからとか、自覚症状がなくなったから、といって治療をやめてしまうと、皮膚の内部に白癬菌が残って再発することがあります。
最低1カ月、長い場合は6カ月以上、治療を続けることが大切です。水虫に対するイオウや食酢などの民間療法は、いずれも治療効果が科学的に証明されていません。
また水虫の足をよく洗うことは効果的ですが、消毒薬には治療効果も予防効果もありません。
水虫の感染経路として多いのが、不特定多数の人が出入りするゴルフ場やスポーツクラブの足ふきマットなどだそうです。
また家族内でタオルやスリッパを介してうつることも多いそうです。

A9 正解は2番。

老化を予防する医学は大変進歩し、アンチエージング医学とか抗加齢医学などと呼ばれています。
最近、「若返る人」(エクスナレッジ社、1680円)という本(http://www.bk1.co.jp/product/2613118)が話題になっています。
米国の著名な医師(ハリー医師)と、その医師の指導のもとに生活習慣の改善を実施中の70歳の元弁護士が共著で出版したもので、「ハリーのルール」に従って生活習慣を改善すると、老化に伴う肉体的変化の70%は遅らせることができると主張しています。
目の衰えや白髪など一部生理的な老化は免れることはできませんが、からだの衰えの70%は、生活習慣に関係しているというのです。
実際、日本人の死因の60%はがん、脳血管障害、心臓病などの生活習慣が深く関係した病気であり、それなりに根拠のある数字と言えます。
50歳ぐらいからでも、週6日の有酸素運動(ウオーキングなど)や筋肉強化の運動を続けると、70歳になっても50歳代の肉体を保つことが可能だと言っています。

A10  正解は3番。

結核は過去の病気と考えられがちですが、わが国は毎年、約3万人の結核患者が新たに発生しており、死亡する人も2000人以上います。
厚生労働省などの統計では、新規患者の6割は60歳以上の高齢者です。
この年代は、結核が流行したときに感染し、年齢による体力の低下や糖尿病などによる免疫力の低下により、体内に残っていた結核菌が活動を再開したケースが多いといいます。
最近の特徴は、東京や大阪などの大都市部で20、30歳代の患者が増えていることです。
東京と大阪だけで、結核の全新規患者数の4分の1を占めていますが、特に東京では、20代、30代の若い世代の新規患者数が全体の28%もおり、これは70歳以上の新規患者数とほぼ同じ数字です。
若者たちの結核の感染ルートは、塾や予備校、漫画喫茶、インターネットカフェ、ファストフード店などでの集団感染が疑われています。
この背景には、不特定多数との接触や気密性の高さ、健康管理が不十分なアルバイト等の雇用形態、などが考えられています。
HIV/AIDS感染者も免疫力が衰弱していて結核にかかりやすいので憂慮されています。
主な症状は、せき、たん、発熱(多くは微熱)、血たん、胸痛で、このような症状が2週間以上続くようでしたら、医療機関の受診が必要です。
普通の風邪では、2週間以上続くことはまずなく、インフルエンザでは高熱が特徴です。
また年齢的に肺がんの可能性も低いでしょう。ぜんそくでは熱は出ません。
風邪の症状に似ていることから、風邪の自己判断をしてはいけません。治療せずに放置しておくと、結核菌を多くの人に振りまくばかりでなく、重症化して死に至ることもあります。
検査は胸部X線検査や喀たん検査、CTなどで行い、治療は抗結核薬が使われます。早期発見、早期治療であれば、6〜9カ月で治ります。




 2007年 忘年会クイズ(地域生活編) 答え



【1】 d.三都荘新館
 松影新館も2007年にオープンしましたが、1階にはデイサービスはありません。第四平成館は現在存在しません。
【2】 b.競艇
【3】 b.大成建設
 スーパーゼネコンがヒントでした。
【4】 c.国土交通省
【5】 a.6,000人台
【6】 a.2,400人
 65歳以上の人口は、まだ総人口の半数を超えていません。
【7】 b.400人
  2007年現在の介護扶助と障害者居宅介護サービス利用者の合計の数字です。
【8】 c.高齢(加齢)
【9】 b.?70〜80%
【10】 b.8万円


お疲れ様でした。
来年も良い一年でありますように・・・